英語

topics

大阪府立大学の英語教育とは?

平成24年度からの理系を中心とする高度研究型大学への変革に伴い、本学の共通教育としての英語教育は、自らの研究成果を世界に発信し、研究、業務で英語を使うことができるグローバル時代に対応できる社会人を養成するため、「アカデミック・イングリッシュ」を導入しています。将来、どの分野に進むにせよ、専門分野の研究活動を自ら推し進めていくために必要となる英語の基盤能力、すなわち、「English for General Academic Purposes(一般学術目的のための英語)」の習得を目指します。近い将来、自力で専門分野の論文を英語で読んで理解し、また、英語で筋道の通った論文を書いたり、発表したりすることを可能にする基盤能力を1,2年生のアカデミック・イングリッシュの科目でしっかり学んでください。

自分で問題点、課題を見つけ、その解決策を探し、課題に取り組むため、多くの情報を集め、それらを時には批判的に検証し、自分の考えを論理的に構築し、それを他者に分かりやすく文章として、あるいは、プレゼンテーションという形で伝える能力を身に付けてもらいたいと考えています。自発的、自律的な学び、すなわち、アクティブ・ラーニングを実践していきます。これにより、自分のこれからの進路を切り拓く力を付けていってください。