数学質問受付室Q&A

[数学質問受付室トップに戻る]

[利用方法について]

Q. 質問受付室は夏休みや冬休みの期間中も利用できますか?
A. 質問受付室は現在, 授業日のみのオープンとなっています。 全学休講日や長期休業中は、各教員の研究室で個別対応いたします。 なお, 各教員の研究室を訪ねる際はアポイントメントをとってから行くと確実です。
Q. 授業担当以外の先生のいる時間帯に行かなくてはいけないのですか?
A. 質問受付室の担当者は担当授業・クラスに関わらず, 専門基礎数学科目についてすべての学生からの質問に応対しますので、 お気軽にお越し下さい。
Q. どんな問題集を買ったらよいか相談に乗っていただけますか?
A. 問題集は授業の内容に合ったもので、かつ、自分の学習レベルにあったものを選ぶのがよいと思います。問題集の選択で迷ったときは質問受付室でも相談に乗りますので、いつでもおいで下さい。 質問受付室にも、何種類かの問題集を置いていますので、 それらを見ながら相談しましょう。
Q. こんなこともわかっていないのかと思われそうで 質問受付室に足が向きません。
A. 授業内容の理解に不安を感じたらいつでも遠慮なくきてほしいです。 質問受付室は「わからない」という人をサポートするためにあります。 どこがわからないか,どこからわからなくなったか, ということを突き詰めることからはじめて, みなさんがわかるまでおつきあいします。

[その他]

Q. 教科書の答えを配ってくれないのですか?
A. 教科書の答えは配布していません。 数学の実力は自分で考えることなしにはつきません。 まずは自分の力で考えて解く努力をしてください。 わからないところがあったり, 自分で求めた答えや解法が合っているか見てほしいということでしたらいつでもみてあげますので質問受付室においでください。
Q. 答えがないと、不安で勉強できません。
A. 高校までの数学の勉強は,答のある問題をいかに早く正確に解くか, という勉強だったかもしれません。しかし,大学を卒業した後は, 答えどころか,何が問題なのかを考えるところから 自分でやらなくてはならない世界へと出て行く訳ですから, いつまでも誰かから正解をもらえることを頼りに勉強していてはいけません。 教わったことをただ鵜呑みにするだけでなく, 自分で考え自分で納得し,ということを繰り返すことで力がついていくし, そうすることで自分の実力に自信が持てるようにもなっていきます。 まずは自力でできるところまで答えなしで頑張ってみる, そういう姿勢で臨んでほしいと思います。 もちろん,分からなくなったらいつでも質問受付室に来てください。