第8回補足:名前の発音

第8回では名前を尋ねる、名前を名乗るというシーンが出てきます。教材では鈴木さんは自分の名前をLíngmùと中国の音で読んで名乗っています。

中国語を教えだした当時は何も考えずに学生さんにも自分の名前の中国語読みの練習をさせていたのですが、今では練習をする前に以下のように断ってから練習を始めています。

名前というのはアイデンティティの一部です。自分の名前をどう読むか、どう書くかは皆さん自身が決めて下さい。自分の名前を中国語の音で読み、簡体字で書くのもよいし、中国語を話す時も自分の名前は日本語で読み、日本語の漢字で書くのでもかまいません。ただ、中国の人は日本語を習っていれば別ですが、漢字で書かれた名前は中国語の音で読みますし、簡体字で皆さんの名前を書きます。コミュニケーションという観点から自分の名前を中国語で読んだらどうなるか、簡体字で書いたらどうなるかを知っておく必要がありますから、これから練習します。

実際、自分の名前を中国語の音で読んだり、簡体字で書くとあまりに印象が変わってしまい、自分の名前でないようだと違和感や拒否感を持つ学生さんが毎年いますので、無理強いは良くないと考えています。

私自身は中国語を話す時は中国語の音で自分の名前を読んでいます。清原Qīngyuánという中国語の音が気に入っていることもありますし、Kiyoharaのkiの音が普通话pǔtōnghuà(中国語の共通語)の中にはないということもあります。

なお自分の名前を日本語の音で読んで欲しい時は
请叫我~。
Qǐng jiào wǒ ~.
(私を〜と呼んでください)
と言えばよいでしょう。

それから、日本人の女性の名前にはひらがなで書くものがありますが、ひらがなのままでは日本語を知らない中国の人には読めませんから、漢字を当てることになります。その時の方法は2つあります。

(1)そのひらがなの名前を漢字で書いたらどうなるか考え、その漢字を中国語読みする。
(例)みどり → 緑 →绿

(2)中国語の漢字音を使って音訳して漢字を当てる。
(例)みどり → 美多丽Měiduōlì
#但し、この方法で全てが音訳できるわけではありません。どうしても音訳しにくい日本語の音はあります。
中国語旅行会話補充教材 | comments (0) | -

Comments

Comment Form

icons: