第28回補足:趣味は健康的に、音楽に関する言葉

第28回は趣味というテーマでした。
中国語の“爱好”àihàoと、日本語の「趣味」には若干の意味のずれがあります。日本語の趣味は煎じ詰めれば「好きでよくすること」という意味合いだろうと思いますが、、中国語の“爱好”は文化的な活動やスポーツなどの健康的な活動に限られるようです。酒・タバコ・ばくちといった不健康なものや、眠ることなど特に意図的に取り組む必要のない行為は、“爱好”とは言いません。

課文の中では趣味として音楽を聴くことが挙げられていましたが、聴くだけではなく自分で歌うのも好きという方もおられるでしょう。歌を歌うことは“唱歌”chàng gēと言います。
歌を歌うと言えば、日本発の文化であるカラオケは“卡拉OK”kǎlā OKと言います。発音からおわかりのように日本語のカラオケを音訳したものです。「カラオケをする」は“唱卡拉OK”chàng kǎlā OKと言います。

楽器の演奏がお好きな方もおられるでしょう。
弹钢琴tán gāngqín(ピアノを弾く)
弹吉他tán jítā(ギターを弾く)
拉提琴lā tíqín(バイオリンを弾く)
拉二胡lā èrhú(二胡を弾く)
“提琴”はバイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの総称としても使います。
“二胡”は胡弓の一種で2本の弦を弓で弾きます。
日本語では弦楽器は一律に「弾く」と言いますが、中国語では動詞を使い分けています。“弹”は指ではじく動作を指します。ピアノやギターを弾くときの指の動きをそのようにとらえているのですね。“拉”は引っぱるという意味です。こちらは弓で弦を弾くときの動作に着目しています。

吹长笛 chuī chángdí(フルートを吹く)
吹小号 chuī xiǎohào(トランペットを吹く)

打鼓dǎ gǔ(ドラムをたたく)
击鼓jī gǔ(ドラムをたたく)

それから、課文の中では「〜するのが好き」という言い方がポイントの一つになっていました。
我喜欢听音乐。
Wǒ xǐhuan tīng yīnyuè.
(私は音楽を聴くのが好きです)
この構文を使って語彙を増やす練習をしてみましょう。
“听音乐”tīng yīnyuè(音楽を聴く)の部分を以下のフレーズと入れ替えて言ってみてください。
看书kàn shū(本を読む)
看小说kàn xiǎoshuō(小説を読む)
看电影kàn diànyǐng(映画を見る)
画画儿huà huàr(絵を描く)
集邮jíyóu(切手を集める)
下棋xiàqí(将棋や囲碁をする)
下象棋xià xiàngqí(将棋をする)
下围棋xià wéiqí(囲碁をする)
打球dǎqiú(球技をする)
打篮球dǎ lánqiú(バスケットボールをする)
打乒乓球dǎ pīngpāngqiú(卓球をする)
打网球dǎ wǎngqiú(テニスをする)
打高尔夫球dǎ gāo'ěrfūqiú(ゴルフをする)
打棒球dǎ bàngqiú(野球をする)
踢足球tī zúqiú(サッカーをする)
#中国の“象棋”(将棋)は日本の将棋と駒や盤、ルールが異なります。日本の将棋と言いたければ“日本象棋”Rìběn xiàngqíと言えばよいでしょう。ちなみにチェスのことは“国际象棋”guójì xiàngqíと言います。
中国では“下棋”(囲碁や将棋をする)はスポーツの一種と考えられていて、新聞でも“体育”tǐyùのコーナーに載っています。頭も身のうち、頭を使ったスポーツというわけです。
#日本語では野球もサッカーも「する」ですが、中国語では使い分けています。“踢足球”“踢”は「ける」という意味です。
中国語旅行会話補充教材 | comments (0) | -

Comments

Comment Form

icons: