6月29日(月)5限

【連絡】
・次回(7月6日)に第2回小テストを実施します。範囲は教科書の第2課と第3課(但し、授業中に取り扱わなかった部分は除く)、教科書p71の干支の尋ね方と言い方、及び第1回小テストの後に授業中に配布したプリントやPDFです。
問題形式は以下の通りです。
(1)中国語を聞き取って簡体字で書く。
(2)(1)を日本語に訳す。
(3)中国語の質問を聞き取り、その答えを中国語(簡体字+pinyin)で書く。
(4)並べ替え(pinyinで出題、簡体字で解答。日本語訳付き)
(5)書き換え(肯定文→否定文、疑問文など)
(6)日本語を中国語(簡体字+pinyin)に訳す。
(7)空欄補充問題

【今日の配布物】
・チェックシート第3課の分
講義支援システムからダウンロードできます。

【今日進んだところ】
・第3課の会話1の最初2行
・第3課の会話3の最初2行
・第3課の会話1と会話3のリピーティングとシャドーイング
・第3課の会話2と会話4の説明(但し、会話4の最後の2行を除く)
・p39の4の年齢の尋ね方の(1)(2)(3)
・p71の干支の尋ね方、干支の言い方
・「数え年と満年齢

【今日の補充】
“住”には「住む」という以外に一時的に滞在するという意味もあります。
(例)我住在北京饭店。
Wǒ zhùzài Běijīng fàndiàn.
(わたしは北京ホテルに泊まっています)
(例)住院zhùyuàn(入院する)

“多”+1音節形容詞(どのくらい〜?)
多大?duō dà?(どれくらいの大きさ?)
多长?duō cháng?(どれくらいの長さ?)
多高?duō gāo?(どれくらいの高さ?)
多重?duō zhòng?(どれくらいの重さ?)
以上の例からわかるように、“多”+1音節形容詞で使う形容詞は、“大”←→“小”のように反義語でペアになっているもののうち、程度が高い方です。
但し、例外が1つ。それは数量を尋ねる“多少?”duōshao?。これは原則どおりに作ればד多多?”になるはずですが、同じ字の重なりを避けています。

你什么时候来?
Nǐ shénme shíhou lái?
(あなたはいつ来ますか)#これから来る。いつ来るか尋ねている。

你是什么时候来的?
Nǐ shì shénme shíhou lái de?
(あなたはいつ来たのですか)
#もう来ていることはわかっていて、「いつ」という部分を強調して聞いている。
“是〜的”の構文は、すでに起こっていることがわかっている動作行為に対して、その動作行為の行われた時間や場所、方法などを強調する言い方。

【今日の宿題】
・無しです。小テストに備えてチェックシートを活用して復習をしてください。

【次回の予定】
・小テスト
・第3課の残りの説明。
・第3課会話2と会話4のリピーティングとシャドーイング
・第4課
中国語の授業 > 月5限の授業 | comments (0) | -

Comments

Comment Form

icons: