7月9日(月)3限

【連絡】
・7月23日(月)3限、授業の初めに暗誦テストを行います。暗誦の課題等については授業支援システムを見てください。

・今回配布した暗誦の用紙に自分の答えをペンで記入して持参してください。欠席して用紙をもらっていない、或いは用紙をなくしてしまった人は授業支援システムからダウンロードして自分で印刷してください。

・暗誦テストの後は授業をしますので、教科書やノートを忘れないようにしてください。

・暗誦の課題の発音を個人的に見て欲しい人はオフィスアワー(金2限と金曜昼休み)に清原研究室まで来てください。

【配布物】
・暗誦のテスト用紙(片面は練習用、もう片面がテスト用)

【今回の授業】
・暗誦テストの課題を発表。
名前、家の場所、兄弟姉妹の有無、大学名、専攻、学年、バイトをしているか、何曜日バイトをしているか、何曜日時間があるか、中国語は難しいか等の質問に答える。詳しくは授業支援システムを見ること。

・暗誦テストの問いの文を教員がランダムに読み上げ、答えが思いつくか自己評価。
○先生がどの文を読んだかわかるし、どう答えればよいかわかる。
△先生がどの文を読んだかはわかるが、どう答えればよいかわからない。
×先生がどの文を読んだかわからない。

・ノートや教科書を見る、クラスメートに尋ねるなどして、問いに対する答えを書いてみた後、自己評価。
○適切な答えが書けている自信がある。
△適切な答えが書けているか不安だ。
×どう答えていいかわからない。

・問いに対する答えの例(簡体字+pinyin)を参考に自分の答えを用紙に書く。

・NAVER中国語辞書の単語分析ツールの自動読み上げ機能を使って、自分の答えの文の発音を聞く。

・iPadでDragon Dictationアプリを使って中国語の音声入力に挑戦し、自分の発音がどれくらい入力されるか試す。

・教員が巡回して問答練習

【宿題】
・暗誦テストに備えて練習してください。

【次回の予定】
・暗誦テスト(評価の公平性と振り返りのためにビデオ撮影する)。
・暗誦テスト中の待ち時間は指定された課題をする。
・教科書p72
・教科書第8課
・第3回筆記試験について説明

【豆知識】
・中国語から日本語に入った語彙が圧倒的に多いが、近代以後は日本語から中国語に取り入れられた語彙もある。
漢字による音訳で入ったもの
(例)卡拉OK kǎlā OK(カラオケ)
漢字で書かれた単語が中国語の音で読まれるもの
(例)手续 shǒuxù(手続)
中国語の授業 > 月3限の授業 | comments (0) | -

Comments

Comment Form

icons: