6月9日(水)5限

【連絡】
・次回6月16日(水)5限に小テストを行います(授業の初めの20分間程度)。小テストは全成績の20%を占めます。
・範囲、及び問題形式は以下の通りです。
範囲:教材A-1、A-2、B-1、B-2、C-1
問題形式:
(1)教材で学んだ語法を含む文(但し教材の通りではなく、初めて見る文)を訳す。
(2)初めて見る文章を読んで、質問に答える。
いずれの問題も辞書を引いて解答してよい。自分の辞書(紙の辞書、電子辞書、いずれも可)を持って来てもよいし、CALL教室のChineseWriter付属の辞書を使用してもよい。

・小テストの追試について
(1)病気やケガ、忌引きなどやむを得ない理由で小テストを欠席した場合は、追試を行います。理由を証明する書類を用意した上で、小テスト実施後1週間以内に清原まで申し出ること。理由を証明する書類とは、病気やケガの場合は病院の領収書または医師の診断書、忌引きの場合は葬儀社の発行する証明書または会葬御礼の葉書をいいます。
(2)追試の点数は本来の受験日に受験した人との公平を期すために8掛けとします。例えば追試で100点を取った場合は80点として成績を計算します。
(3)追試は授業時間外に行います。

【今日の授業】
“南辕北辙”“掩耳盗铃”の入った新聞記事の講読
・教材C-1《如何使用”也“》の精読
・教材C-2《如何使用”又“》の速読

【復習の課題】
次回の小テストに備えて復習してください。

【次回以降の予定】
・次回(6月16日)は小テスト+小テストの問題の読解。
・教材C-2の精読は次々回(6月23日)。
中国語の授業 > 水5(文献読解) | - | -

6月9日(水)2限

【連絡】
・次回6月16日(水)2限に小テストを行います(授業の初めの20分間程度)。小テストは全成績の20%を占めます。
・範囲、及び問題形式は以下の通りです。
(1)キクタン第1周から第6周まで。
日本語訳を見て簡体字で書く、pinyinに声調符号を振る。
(2)聞き取り
問題文と選択肢4つのうち正しい選択肢1つを簡体字で書き取る。
音声は教室のスピーカーから一斉に流す。
(3)文法
授業中に実施した準4級の問題+『中国語初級段階学習指導ガイドライン』の1から6まで。
日本語訳を見て中国語の文の空欄を埋める。
日本語訳を見て与えられた単語を並べ替えて文を作る(全文を書く)。
日本語を中国語に訳す。
いずれも解答は簡体字のみ。

・小テストの追試について
(1)病気やケガ、忌引きなどやむを得ない理由で小テストを欠席した場合は、追試を行います。理由を証明する書類を用意した上で、小テスト実施後1週間以内に清原まで申し出ること。理由を証明する書類とは、病気やケガの場合は病院の領収書または医師の診断書、忌引きの場合は葬儀社の発行する証明書または会葬御礼の葉書をいいます。
(2)追試の点数は本来の受験日に受験した人との公平を期すために8掛けとします。例えば追試で100点を取った場合は80点として成績を計算します。
(3)追試は授業時間外に行います。

【今日の配布物】
・『キクタン中国語入門編』第6周のチェックシート
講義支援システムからダウンロードできます。

【今日の授業】
・前回の出席カードのコメントについて
・『キクタン中国語入門編』第6周。
・『中国語初級段階学習指導ガイドライン』6の続き
・聞き取り前回の残り(選択肢の部分)+新しい聞き取り1問
#聞き取りの答えは講義支援システムからダウンロードできます。

【復習の課題】
次回の小テストに備えて復習してください。
中国語の授業 > 木1(中級、以前は水2) | - | -