7月1日(月)5

【連絡】
7月8日の授業の初めに暗誦テストを行います。評価基準など詳しくは授業支援システムを見てください。

【今回の授業】
・単語1-154(疑問代名詞を中心に)
・第2回筆記試験の返却と解説
・自己紹介をパソコンで打って、授業支援システムの会議室に投稿する。
・NAVER中国語辞書の単語分析ツールを使って、自己紹介をTTSで読み上げて聞いてみる。
・発音個別指導
・Dragon Dictationの中国語音声認識

【補充】
名前の発音がわかるが、漢字の書き方がわからない時に
你的名字怎么写?
Nǐ de míngzi zěnme xiě?
(あなたの名前はどう書きますか)

【宿題】
・暗誦テストに備えてよく練習してください。

【次回の予定】
・暗誦テスト
・教室活動のペアを作り、脚本作りに着手。
中国語の授業 > 月5 | - | -

7月1日(月)3

【連絡】
7月8日(月)3の授業の初めに第2回筆記試験を行います。試験範囲や問題形式など、詳しいことは授業支援システムを見てください。

【今回の授業】
・単語1-154(人を表す単語)
・レストランで注文する会話(教科書p217)
・末尾の“儿”の発音ついて簡単に
 NAVER中国語辞書の単語分析ツールで自分の選んだ料理を入れて読み上げて聞く→ペアで会話。
“买东西”のラップ動画を見る
・教科書p50-51
・指示代名詞について簡単に説明
・個数を答える、“两个”の復習
・買い物で、欲しいものを尋ねる、個数を尋ねる会話。
・教科書p54-55
・中国人民銀行のWebサイトで人民元の100元札の画像を見る
・買い物で、欲しいものを尋ねる、個数を尋ねる、値段を尋ねる会話。
・中国版Amazonのサイトをちらりと紹介。
・iPhoneアプリDragon Dictationの簡単なデモ

【宿題】
・第二回筆記試験に備えてよく復習してください。
・可能であれば、教科書p58-59、p62-63の予習

【次回の予定】
・第2回筆記試験
・欠席者がいなければ試験解説、欠席者がいれば試験解説は延期
・教科書p53、p57
・教科書p58-59
・末尾の“儿”の復習
・時間があれば、教科書p62-63

【豆知識1】
・中国料理は1人前ずつ出て来るのではなくて、大皿に盛ったものをみんなで分け合って食べるのが基本。“青椒肉丝”を食べたい人が二人いるからといって“两个”(2つ)頼むと多すぎる可能性大!
・皆さんが自分で調べて出席カードに書いた料理の中では“北京烤鸭”(北京ダック)が比較的人気があったようですが、“北京烤鸭”を頼む単位は“一只”yì zhī(1羽、2〜3人前ある)、少なめにしたいときは“半只”bàn zhī(半羽)で頼みます。

【豆知識2】
日本円も人民元も略号は¥、元を正せば日本円も人民元も「圓」を使っている。ちょうどドルと言えば、アメリカドルもあれば、オーストラリアドルがあるのと同じようなもの。
中国語の授業 > 月3 | - | -