7月6日(月)5

【目標(can do list)】
・自己紹介を何も見ないで言える。

【今回の授業】
・自己紹介の自主練習(10分間)
・自己紹介の暗誦テスト(ビデオ撮影あり)
・自己紹介のビデオを見て自己採点して提出(教員と同じルーブリック使用)
・相互評価:クラスの中で1番めにうまい人と2番目にうまい人を推薦、1位は2点(ただし自分には入れない)、2位は1点(自分を入れてOK)で計算して、クラスの1位2位2を発表し、教員が講評。

・教室活動(なりきりインタビュー)の手書き台本をペアで作成してそれぞれ提出。セリフは相手の分も含めて全部書く。ただしpinyinは自分の分のみでよい。
・教室活動の動画撮影は制限時間あり。セリフを書いた紙を使用してもよいが、紙が画面に映り込んだり、視線や表情かいかにもセリフを書いた紙を読んでいるようにならないよう工夫すること。

・初対面の人にどこまでプロフィールを聞かれて話せるか、氏名、年齢、家の場所(都道府県単位)、家族構成、どこで働いているかなどを、CALL教室のアナライザを使ってアンケート。同じ府大生でも答えが分かれる項目がある。これが言語や文化背景が違うと更に答えが異なる可能性がある。

【宿題】
・単語(名詞)

【次回の予定】
・単語(名詞)
・添削済み台本返却
・台本を授業支援システムの会議室に入力して、合成音声を添付する。
・台本を見ながらセリフの練習開始。
・7月27日の動画作成(制限時間:約40分間)に備えて時間配分や演出プランをペアで話し合う。
中国語の授業 > 月5 | - | -

7月6日(月)3

【連絡】
・次回(7/13)、教員による授業見学がある予定です。また、教室の後ろに三脚と置いて、ビデオ撮影を行う予定です。

【目標(can do list)】
・起床時刻を尋ねる、起床時刻を言う。

【今回の授業】
・第2回筆記試験
・第2回筆記試験解説

“一点”(1時)の“一”の二つの声調について、相原茂先生と三宅登之先生のブログ記事を紹介しつつ解説。

・中間アンケートに関するコメントに対するコメント(前半部分)
 出席カードの点数のつけ方の説明
 筆記試験の難易度についての説明(第1回筆記試験の得点分布を表示)
 試験範囲についての説明

・ネットショップでバースデープレゼントを買う会話の相互評価上位5名のビデオを見る(ただし、全員のビデオを見て評価しているわけではないので、完全な相互評価ではない)

・起床時間を尋ねる会話(クラスで一番早起きを探せ!)4人組でまず探す、それから教員が介入して4人単位の早起きさんの起床時間を比べる。

【補充】起床時刻の尋ね方と答え方
你每天早上几点起床?
Nǐ měitiān zǎoshang jǐ diǎn qǐchuáng?
(あなたは毎日朝何時に起きますか)

我每天早上七点起床。
Wǒ měitiān zǎoshang qī diǎn qǐchuáng.
(わたしは毎日朝7時に起きます)

【宿題】
・単語(代名詞と疑問詞)
・趣味の言い方について授業支援システムの教材を予習する。

【次回の予定】
・単語(代名詞と疑問詞)
・起床時刻の尋ね方と答え方の復習
・教科書p26-27
・趣味の言い方
・暗誦テストに備えて自分の自己紹介をまとめる(手で書く→授業支援システムの会議室に入力→合成音声を出力して授業支援システムの会議室に添付)
・iPadで自分の自己紹介を撮って自分の発音をチェック
・iPadの音声入力で固有名詞(氏名、地名)を含まない部分を入力して、入力できるか試す。
中国語の授業 > 月3 | - | -