7月3日(月)5

【目標(can do list)】
・名前、年齢、出身地、家族構成、趣味などを尋ねる会話をパソコンで入力できる(簡体字+pinyin)

【今回の授業】
・単語1−154(名詞中心)
・前回の自己紹介のビデオを自己評価して提出
・ビデオ(有名人なりきりインタビューの会話)の台本をパソコンで入力し(簡体字+pinyin)授業支援システムに貼る。簡体字を元に合成音声を書きだして、合成音声ファイルを授業支援システムに貼る。

【宿題】
・単語1−154(代名詞+疑問詞)

【次回の予定】
・単語1−154(代名詞+疑問詞)
・第3回筆記試験について説明
・第2回筆記試験の復習
・ビデオ(有名人なりきりインタビューの会話)の予行演習
中国語の授業 > 月5 | - | -

7月3日(月)3

【連絡】
・次回(7月10日)は暗誦テストです。教室の前に出てマイクを持ち、クラスメートの方を向いて、何も見ないで自己紹介を一気に言ってください。成績評価のためにビデオ撮影を行います。

【目標(can do list)】
・買い物をテーマに簡単な会話を作れる(出迎え、欲しいものを尋ねる、欲しいものを指差しで指定する。値段を尋ねる、値段を言う、個数を尋ねる、個数を言う、値切る、値切りに対応する)

【今回の配布物】
・暗誦テストの評価基準(練習の時の参考のため)
・会話ビデオ(買い物)の評価基準と例題
#これらはいずれも授業支援システムからダウンロードできます。

【今回の授業】
・単語1−154(代名詞・疑問詞)
・iPadのロイロノートスクールの使用法説明
・iPadのロイロノートスクールを使って自己紹介を録画して提出、自己評価してみる。動画あはクラスでシェアする設定にしたので、他のクラスメートの動画も見てみる。
・会話ビデオ(買い物)の評価基準説明。
・会話ビデオ(買い物)の台本作成開始。

【補充1】
“这”(これ)や“那”(あれ)は量詞を後ろにつけて使うのが原則。
(例)我要这个。(わたしはこれが欲しい)
×我要这
(例外)这是我的名片。
(これはわたしの名刺です)
“这是〜”“那是〜”のように“是”の主語になるときは量詞無しでOK。

【補充2】
“哪”(どれ)は量詞を後ろにつけて使う。
(例)你是哪个大学的学生?
(あなたはどの大学の学生ですか)
#日本語では「どこの大学」と場所で尋ねるが、中国語では数ある大学のうち「どの大学」と尋ねる。

【補充3】
“几”は量詞を後ろにつけて使う。
(例)你要几个?
(あなたはいくつ欲しいですか)
×你要几

【宿題】
・暗誦テストに向けてよく練習してください。

【次回の予定】
・暗誦テスト
・暗誦テストの時間待ちの間に前期のまとめのプリント
・会話ビデオ(買い物)の台本作成続き
・会話ビデオ(買い物)の予行演習
・第2回筆記試験の返却と解説
・第3回筆記試験説明
中国語の授業 > 月3 | - | -