6月13日(月)3限

【連絡】
6月20日(月)3限に筆記試験第2回(聞き取りを含む)を行います。試験範囲、問題形式などについては授業支援システムを見て下さい。試験当日は必ず学生証を持ってきて下さい。

【配布物】
無しです。

【今回の授業】
・前回の課題のチェック
・筆記試験説明
・前回の課題を授業支援システムのクイズを使ってもう一度復習
・教科書p30-31の説明とリピーティング練習
・教科書p20の説明とリピーティング練習
・プリントp13-14
・筆記試験範囲確認

【教科書以外に補充した内容】
“的”の省略
人称代名詞+(“的”)+親族
(例)我妈妈(私のお母さん)
人称代名詞+(“的”)+所属
(例)你们学校(あなたたちの学校)

“这”(これ)と“那”(あれ)はものを指し示す力が少し弱いので、量詞(数える言葉)の助けが必要。
(例)我要这个。(わたしはこれが欲しい)
×我要这
(例)我要那个。(わたしはあれが欲しい)
×我要那
但し、動詞“是”を使った文の主語の場合は量詞は不要。
(例)这是我的书。(これはわたしの本です)
(例)那是我爸爸的车。(あれはわたしの父の車です)

【宿題】
次回の筆記試験に向けて復習してください。

【次回の予定】
・第2回筆記試験
・筆記試験解説
・3桁以上の数字(プリント)
“一”の声調変化
・教科書p21、p22-23

【豆知識】
“先生”xiānshengは男性に対する敬称、教員のことは“老师”lǎoshī

“厕所”cèsuǒ(トイレ)の発音がどうしてもうまくいかなかったら、“洗手间”xǐshǒujiān(お手洗い)という言い方を使えばよい。但し、3声+3声→2声+3声になること、jianaは「ア」ではないことに注意。
中国語の授業 > 月3 | - | -

6月10日(金)1限

【連絡】
6月17日(金)1限、授業の初めに第2回筆記試験(聞き取りを含む)を行います。試験範囲、問題形式などについては授業支援システムを見て下さい。

【配布物】
無しです。

【今回の授業】
・前回の授業の課題のチェック
・筆記試験に関する説明
・授業支援システムのクイズを使って時量の言い方、“一”の声調変化、量詞を復習。
・プリントp23-26の前半
 ・時量の言い方
 ・時点+動詞、動詞+時量
 ・“从”〜“到”…(〜から…まで)
 ・一日の中の時間帯の言い方
・筆記試験の範囲の確認

【宿題】
次回の筆記試験に向けて復習してください。

【次回の予定】
・筆記試験
・筆記試験解説
・相対的な日や年の言い方
・助動詞“会”
中国語の授業 > 金1 | - | -

6月8日(水)2限

【連絡】
6月15日(水)2限に小テストを行います。テスト範囲、問題形式、受験上の注意などは授業支援システムを見て下さい。

【配布物】
『キクタン中国語入門編』第6周チェックシート

【今回の授業】
・『キクタン中国語入門編』第6周
・小テストについて説明
・中検の並べ換え問題の解説(
・存在を表す“有”の構文と所在を表す“在”の構文(東京外国語大学言語モジュール中国語の文法モジュール使用、授業支援システムにリンクを置いてあります)。
・修飾連語の種類
・動賓連語の種類
・前回の聞き取り問題の会話文の答え合わせ
・聞き取り問題に使った会話文の復習

【宿題】
次回の小テストに備えて復習してください。

【次回の予定】
・小テスト
・小テスト解説
・そり舌音(特にriについて)復習
・zi ci siとzu cu suについて
・連語の分析の続き
・時間があれば質問があった以下の項目
 ・副詞“就”
 ・助詞の“的”“得”
中国語の授業 > 木1(中級、以前は水2) | - | -

6月6日(月)5限

【連絡】
次回6月13日(月)5限の授業の初めに筆記試験第2回を実施します。
受験上の注意、病欠時の追試の扱いなどは第1回と同じです。
試験範囲:補充教材のプリントp5〜p18(但しp16の会話2を除く)
#プリントをなくした人は授業支援システムの5月9日のコーナーからダウンロードできます。
問題形式:
1.中国語の質問を聞き取って簡体字で書き、それを日本語に訳す。
2.1の質問に中国語で答える(簡体字+pinyinで解答)。
3.指定された場面にふさわしい言い方を簡体字で書く。

【配布物】
無しです。

【今回の授業】
・今まで習った自己紹介の内容を書く。
・お互いに尋ねあう練習(名前、年齢、家の場所、家族、大学名など)
・自分の専攻を言う。
・卒業後に何をしたいかを言う。
・今まで習った内容を1人ずつ言う。
・第2回筆記試験の範囲と問題形式発表

【宿題】
・次回の試験に備えて復習してください。

【次回の予定】
・筆記試験第2回
・筆記試験第2回の解説
・趣味について話す
・自己紹介文を作成する。
中国語の授業 > 月5 | - | -

6月6日(月)3限

【連絡】
6月20日(月)3限に第2回筆記試験(聞き取りを含む)を実施します。試験範囲、問題形式などについては6月13日(月)の授業中に発表し、その後その概略を授業支援システムに掲載します。

【配布物】
無しです。

【今回の授業】
・前回の課題のチェック
・授業支援システムを使って教科書p2のpinyin選択クイズ、pinyin入力クイズ、簡体字入力クイズなど
・教科書p3、p4-5(説明とリピーティング練習)
・プリントp10-11(疑問詞1とその練習問題)
・ju qu xuの発音について
“吃饺子”“喝啤酒”のアニメ
“吃饺子”“喝啤酒”のところのフレーズの復習

【宿題】
・教科書p4のフレーズを憶えてください。
・次回の予定の箇所を予習してください。

【次回の予定】
・教科書p30-31
・教科書p20-23
・3桁以上の数字の言い方
・第2回筆記試験の範囲と問題形式について
中国語の授業 > 月3 | - | -

6月3日(金)1限

【連絡】
6月17日(金)1限に筆記試験第2回(聞き取りを含む)を行います。試験範囲や問題形式については、6月10日(金)の授業中に発表します。

【配布物】
無しです。

【今回の授業】
・前回の課題のチェック
・3桁以上の数字の言い方の復習(授業支援システムのクイズを使用、中国語簡体字で解答)
“几”“多少”の違いの復習
・兄弟姉妹の言い方の復習
・プリント教材p20-22、p24の練習(1)(2)(3)
 ・量詞
 ・“一”の声調変化の復習
 ・時点(〜年〜月〜日〜曜日〜時〜分)

【プリント以外に補った内容】
你是哪年生的?(あなたは何年生まれですか)
Nǐ shì něi nián shēng de?
你的生日是几月几号?(あなたの誕生日は何月何日ですか)
Nǐ de shēngri shì jǐ yuè jǐ hào?

【宿題】
・時点の表(プリントp22)を憶えてきてください。表に出ているものは例で、それ以外の時刻や月日等も問題に出します。

【次回の予定】
・前回の宿題のチェック
・時点の復習
・時量の言い方
・時点と時量の語順
・第2回筆記試験の範囲及び問題形式について
中国語の授業 > 金1 | - | -

6月1日(水)2限

【連絡】
6月15日(水)2限に小テストを実施します。テスト範囲や問題形式などについては、次回6月8日(水)の授業の終わりに発表します。その後、その概略を授業支援システムに掲載します。

【配布物】
『キクタン中国語入門編』第5周プリント

【今回の授業】
・『キクタン中国語入門編』第5周プリント
・『キクタン中国語入門編』第5周の単語の補充
 “多”+反義語ペアの1音節形容詞の程度の高い方(どれくらい〜?)
多大?(どれくらいの大きさ?)×多小?
多长?(どれくらいの長さ?)×多短?
多高?(どれくらいの高さ?)×多低?
多重?(どれくらいの重さ?)×多轻?
<例外>多少?(どれくらいの量?)×多多?

“几”+量詞?(いくつ?)
“几”の後ろには量詞または量詞に相当するものが必要。
你要几个?(あなたはいくつ欲しいですか)
×你要几?

・出席カードのコメント欄に基づいた復習
 ・“一”の声調変化、3桁以上の数字の“一”の声調の復習
 ・文末の“了”(新しい事態を認識する)
(例)我累了。我要休息一下。(私は疲れました。ちょっと休みたいです)
(例)我饿了。我要吃饭。(私はお腹が空きました。ご飯を食べたいです)

・中検の並べ換え問題の(8)
“的”=「の」の公式はいつでも成り立つか?

“的”の省略:人称代名詞+(“的”)+親族
(例)我姐姐(わたしの姉)

・所有を表す““的”
(例)图书馆的书(図書館の本)
(例)我姐姐的书(私の姉の本)

・前の名詞が後ろの名詞の内容や性質を表す。
(例)中文书(中国語の本)
(例)汉语老师(中国語の先生)
#中国語が本を所有しているわけではなく、本の内容が中国語で書かれている。
#中国語が先生を所有しているわけではなく、いろんな科目の先生がいる中で中国語の先生

・連語の構造の続き、プリントp3の(11)から(20)

・聞き取り『動画でニイハオ』病院篇「診察〜腹痛」、聞き取り問題の答え合わせまで。会話文の答えはまだ。

【宿題】
・『キクタン中国語入門編』第6周
・補助教材のプリントp3で動賓型連語、修飾型連語の更なる下位分類を考えてみる。
・補助教材のプリントP4を見てくる。

【次回の予定】
・『キクタン中国語入門編』第6周
・中検の並べ換え問題続き
・補助教材のプリント(連語の構造の続き+文の構造)
・前回聞き取り問題の会話文の答え合わせ
・小テストの範囲と問題形式について
中国語の授業 > 木1(中級、以前は水2) | - | -