7月6日(木)1

【配布物】
・中国語の単語の構造に関するプリント
#授業支援システムからダウンロードできます。

【今回の授業】
・オレンジのキクタン第9周
・離合詞の話
・動詞の重ね型の作り方の話
・単語の構造のプリント、単語の構造と文の構造に共通点があるので、離合詞はくっついたり離れたりする。
・可能を表す3つの助動詞のクイズと解説

【補充2】動詞の重ね型と離合詞
動詞の重ね型
 V→VV、V一V
(例)(待つ)
(例)等等(ちょっと待つ)
(例)等一等(ちょっと待つ)

2音節動詞で、似たような意味の字が2つくっついているもの
ABAB
(例)帮助bāngzhù(助ける)
“帮”にも“助”にも「助ける」という意味があります。
帮助帮助bāngzhùbāngzhù(ちょっと助ける)

2音節動詞で、2文字の関係が動詞+目的語になっているもの(こういうタイプの動詞を「離合詞」と言います)。
AAB
(例)帮忙bāngmáng(手伝う)
#「忙しいのを助ける」という構造になっています。
帮帮忙bāngbangmáng(ちょっと手伝う)

【宿題】
・オレンジのキクタンの動詞フレーズ
・プリントp26-29

【次回の予定】
・オレンジのキクタンの動詞フレーズ
・HSK2級(21)〜(25)
・プリントp26-29
・中国語のフレーズの構造の話(時間があれば)
中国語の授業 > 木1(中級、以前は水2) | - | -

7月4日(火)5

【配布物】
・暗誦テストの課題文
#授業支援システムからダウンロードできます。

【目標(can do list)】
・他の色のがあるか尋ねられる。
・○○は売り切れましたと言える。
・○○は何階にあるかと尋ねられる。
・○○は〜階にあると言える。

【今回の授業】
・単語(趨向動詞)
・暗誦テストの評価基準説明
・暗誦テストの課題文発表
・暗誦テストの音声入り電子書籍の使い方の説明
・暗誦テストの課題文に使われている文法事項に関する質問の受付と回答
・プリント第7課買い物(1)の会話2
・人民元の実物の回覧、“圆”“元”“块”の話、改竄を防ぐための特殊な漢数字“大写”の話
・高島屋の中国語店内案内図を使って会話練習。
 ○○売り場は何階にありますか?○○売り場は○階にあります。

【補充1】
免税柜台在几楼?
Miǎnshuì guìtái zài jǐ lóu?
(免税カウンターは何階にありますか)

免税柜台在七楼。
Miǎnshuì guìtái zài qī lóu.
(免税カウンターは7階にあります)

【補充2】使役の構文
A+“叫”+B+動作行為
A+“让”+B+動作行為
AがBに〜させる。
我妈妈叫我洗衣服。
我妈妈让我洗衣服。
(お母さんはわたしに洗濯をさせる)

“让”には“让我~”“让我们~”の形で、使役の構文を取りながら、実際には相手に依頼する用法がある。
让我自我介绍一下。
(ちょっとわたしに自己紹介させてください)

【補充3】+<人>+<動作行為>
人が〜するのを手伝う、人の代わりに〜する
请帮我搬行李。
Qǐng bāng wǒ bān xíngli.
(荷物を運ぶのを手伝ってください)
#2人で運んでいるかもしれないし、頼んだ相手が一人で運んでいるかもしれないが、いずれにしろ荷物運びを手伝っていることは確か。

・<集合写真を撮る時に、グループ以外の人にシャッターを押してくれるように頼むシーン>
请帮我们照张相。
Qǐng bāng wǒmen zhào zhāng xiàng.
(写真を1枚撮ってください)
#シャッターを押しているのは相手。

【補充4】動詞+“一下”
“下”は元々瞬間的に済む動作を数える。
他敲了三下门。
(彼はドアを3回ノックした)
そこから意味が広がって、動詞+“一下”で「ちょっと〜する」という意味を持つようになった。
请等一下。
(ちょっと待ってください)

【補充5】動詞の重ね型(ちょっと〜する、ちょっと〜してみる)
動詞を2回重ねると、動作行為の軽減化が起こる。
请等等。
(ちょっと待ってください)
ただし、人が動作行為の回数や時間をコントロールできる動詞でないと重ね型にはできない。
<落ちている物を人に拾ってもらいたい時>
请帮我捡一下。
(ちょっと拾ってください)
×请帮我捡捡
“捡”(拾う)は1回で完結してしまう動作だから。

【宿題】
・単語(介詞・助動詞)
・プリント第7課買い物(1)の会話3の予習
・プリント第8課買い物(2)の予習

【次回の予定】
・単語(介詞・助動詞)
・プリント第7課買い物(1)の会話3
・プリント第8課買い物(2)
・暗誦テストの予行演習
中国語の授業 > 火5 | - | -

7月3日(月)5

【目標(can do list)】
・名前、年齢、出身地、家族構成、趣味などを尋ねる会話をパソコンで入力できる(簡体字+pinyin)

【今回の授業】
・単語1−154(名詞中心)
・前回の自己紹介のビデオを自己評価して提出
・ビデオ(有名人なりきりインタビューの会話)の台本をパソコンで入力し(簡体字+pinyin)授業支援システムに貼る。簡体字を元に合成音声を書きだして、合成音声ファイルを授業支援システムに貼る。

【宿題】
・単語1−154(代名詞+疑問詞)

【次回の予定】
・単語1−154(代名詞+疑問詞)
・第3回筆記試験について説明
・第2回筆記試験の復習
・ビデオ(有名人なりきりインタビューの会話)の予行演習
中国語の授業 > 月5 | - | -

7月3日(月)3

【連絡】
・次回(7月10日)は暗誦テストです。教室の前に出てマイクを持ち、クラスメートの方を向いて、何も見ないで自己紹介を一気に言ってください。成績評価のためにビデオ撮影を行います。

【目標(can do list)】
・買い物をテーマに簡単な会話を作れる(出迎え、欲しいものを尋ねる、欲しいものを指差しで指定する。値段を尋ねる、値段を言う、個数を尋ねる、個数を言う、値切る、値切りに対応する)

【今回の配布物】
・暗誦テストの評価基準(練習の時の参考のため)
・会話ビデオ(買い物)の評価基準と例題
#これらはいずれも授業支援システムからダウンロードできます。

【今回の授業】
・単語1−154(代名詞・疑問詞)
・iPadのロイロノートスクールの使用法説明
・iPadのロイロノートスクールを使って自己紹介を録画して提出、自己評価してみる。動画あはクラスでシェアする設定にしたので、他のクラスメートの動画も見てみる。
・会話ビデオ(買い物)の評価基準説明。
・会話ビデオ(買い物)の台本作成開始。

【補充1】
“这”(これ)や“那”(あれ)は量詞を後ろにつけて使うのが原則。
(例)我要这个。(わたしはこれが欲しい)
×我要这
(例外)这是我的名片。
(これはわたしの名刺です)
“这是〜”“那是〜”のように“是”の主語になるときは量詞無しでOK。

【補充2】
“哪”(どれ)は量詞を後ろにつけて使う。
(例)你是哪个大学的学生?
(あなたはどの大学の学生ですか)
#日本語では「どこの大学」と場所で尋ねるが、中国語では数ある大学のうち「どの大学」と尋ねる。

【補充3】
“几”は量詞を後ろにつけて使う。
(例)你要几个?
(あなたはいくつ欲しいですか)
×你要几

【宿題】
・暗誦テストに向けてよく練習してください。

【次回の予定】
・暗誦テスト
・暗誦テストの時間待ちの間に前期のまとめのプリント
・会話ビデオ(買い物)の台本作成続き
・会話ビデオ(買い物)の予行演習
・第2回筆記試験の返却と解説
・第3回筆記試験説明
中国語の授業 > 月3 | - | -