数学

topics

科目紹介

数学は科学的論理的にものごとを捉えようとするすべての分野において基礎となる学問であり、文系理系を問わず学生にとってきわめて重要な科目となります。

専門基礎科目の数学では、数学的な考え方や活用方法および数学の基礎知識を身につけるための基礎数学Ⅰ、Ⅱ(現代システム科学域環境システム学類・マネジメント学類)、理系分野でとくに重要な線形代数、微積分学の基礎を学ぶための線形数学Ⅰ、Ⅱ、微積分学Ⅰ、Ⅱ(以上、工学域)、線形代数Ⅰ、Ⅱ、解析学基礎Ⅰ、Ⅱ(以上、現代システム科学域知識情報システム学類、生命環境科学域理学類)、数学Ⅰ、Ⅱ(以上、生命環境科学域獣医学類・緑地環境科学類・応用生命科学類)の講義を実施するとともに、統計学基礎(生命環境科学域理学類)、統計学基礎Ⅰ(現代システム科学域、生命環境科学域獣医学類・緑地環境科学類・応用生命科学類、地域保健学域教育福祉学類)、統計学基礎Ⅱ(現代システム科学域、生命環境科学域獣医学類・緑地環境科学類・応用生命科学類)、常微分方程式、複素解析、ベクトル解析、偏微分方程式、確率統計基礎Ⅰ、Ⅱ、図形科学(以上、工学域2回生配当)、フーリエ解析、数値解析(以上、現代システム科学域知識情報システム学類、工学域2回生配当)の講義を実施します(注)

大学で学ぶ数学では、公式や証明を丸暗記するのではなく、計算や証明の手続きの背後にある概念をしっかりと理解し、なぜその計算法が正しいのか、なぜその論法で証明できるのかの理解に到達することが大切となります。このため、専門基礎科目の数学では、単に計算法の習得にとどまることなく、数学的な概念や理論をしっかりと理解することを目標とします。また、Web数学学習システムによる自主学習支援、授業内容や数学の学習に関する質問・相談に即時対応するための質問受付室の開設、工学域の線形数学・微積分学に対する再履修クラスの設置などにより、学生諸君の数学学習を多方面からサポートします。

(注)学類・課程によって、配当の有無や配当年次、必修・選択は異なります。配当や必修・選択についての詳細は履修要項で確認してください。

専門基礎科目・理系基礎科目として、以下の科目を各学域・学類に提供しています。各科目のシラバスは、理系基礎科目シラバスをご覧ください。

現代システム科学域

  • 基礎数学I、基礎数学II (環境システム学類、マネジメント学類)
  • 統計学基礎I、統計学基礎II (全学類)
  • 解析学基礎I、解析学基礎II、線形代数I、線形代数II、数値解析、フーリエ解析 (知識情報システム学類)

工学域

  • 微積分学I、微積分学II、線形数学I、線形数学II (1年次)
  • 複素解析、常微分方程式、偏微分方程式、数値解析、フーリエ解析、ベクトル解析、確率統計基礎I、確率統計基礎II、代数学入門、幾何学入門 (2年次)

生命環境科学域

  • 数学I、数学II、統計学基礎I、統計学基礎II (獣医学類、応用生命科学類、緑地環境科学類)
  • 解析学基礎I、解析学基礎II、線形代数I、線形代数II、統計学基礎 (理学類)

地域保健学域

  • 統計学基礎I (教育福祉学類)